×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



About Ensemble Of Tokyo ?

「アンサンブル of トウキョウ」


フルート奏者 金昌国を中心に、多方面で活躍する音楽家によって結成された、新しい形のアンサンブルである。

同質の音楽観を持ち、密度の濃いアンサンブルを目指している若手、中堅演奏家18名の同人的なメンバーを持ち、
彼らを中心にプログラムに応じて客演を入れたりしながら、その都度、編成を変えて演奏を行うことに特徴がある。

したがって二重奏、三重奏などから弦楽合奏、協奏曲、交響曲などオーケストラ編成にいたるまでの幅広いレパートリーを持って、多方面で活躍している。

年4回の東京における定期演奏会をはじめ、さいたまアンサンブルの中心アンサンブルとして活躍。

海外公演としては、2011年7月に創立25周年を記念して、モンテネグロ、イタリアに8回目の海外演奏旅行を行ったほか、ソウルオリンピック芸術フェスティヴァル(1988年)、ニューヨーク・カーネギーホール公演(1990年)ほかフランス、イタリア、ドイツなどで公演を行い、いずれも好評を博す。

CDは、J.S.バッハ「ブランデンブルグ協奏曲 第4番」「管弦楽組曲 第2番」「『音楽の捧げもの』よりトリオソナタ ハ短調」、モーツァルト「二つの協奏交響曲」「フルートとハープのための協奏曲」、ベートーヴェン「交響曲第2番 ニ長調」等が発売され、好評を得ている。

日本管打楽器アカデミー賞(特別部門)受賞。日本音楽コンクール委員会特別賞受賞。


The Ensemble of Tokyo is grouping of Japanese artists with soloist backgrounds and capabilities.

It was initiated by flutist, Chang-Kook Kim in 1986. The ensemble has a membership of eighteen artists who share a predilection for music of high density. Consequently it has a wide repertoire, ranging from duos and trios to string ensembles, concerts and symphonies.
Since 1986 the Ensemble has given many concerts incl. 4 regular concerts year after year in Japan (Tokyo and Saitama).
The ensemble was invited to play at Seoul Olympic Art Festival in 1988. The ensembles had concert tours in New York in 1990, in Italy and Paris in 1991, in Germany in 1992,in Europe in 1999 and will have in Italy and Montenegro 2011.